千葉や成田で働くデリヘル嬢によって容姿や雰囲気、テクニックも違うだけにフィニッシュした際の気持ちよさは大きく違いますよね!

千葉・成田のデリヘルでクライマックスのフィニッシュを楽しむ方法

シコ玉考えてみた

船橋のデリヘルでも男がシオを吹く時代

投稿日:2016年2月24日 更新日:

最近、船橋や西船橋のデリヘルでも良く聞きませんか? 「男のシオ吹き」。
これは都市伝説でも迷信でもなく、実際あることです。ただし女性のシオ吹きと比べ、まだ医学的にしっかり解明されていないようですね。

女性のシオ吹きは、研究論文もあり、その液体の正体、出処などは解明されつつあります。比べて男性のシオ吹きは、そもそも需要が少なく(射精後に訪れる"賢者タイム"のせいであろうかw)、よって成功率も低いんです。中身に関しても「おしっこになる前の液体」「涙のような役割」「前立腺で作られる」など憶測でいろいろな情報に行き当たります。

船橋のデリヘルでも男がシオを吹く時代
ただ、出す方法はほぼ一律で「射精後のペニスに刺激を与え続ける」といったもの。正直射精した後は自分で触っても(それもティッシュで拭くくらいの軽い刺激)こそばゆくてたまらないという方が多いはず、なのにそのままさらに正規の(射精に到るまでの強い)快感を与え続ける、というのはかなりの荒療治であります。ただ、船橋のデリヘルでもいきなりやって出来るのは10人に1人〜2人だといいます。

ただし、これは訓練次第で誰もが出せる可能性を秘めているものなんだそうです。出した人の体験談(自分含む)は皆概ね通常の快感に加え「出し切ったすっきり感が加わって最高」「おしっこを漏らしてしまったような背徳感もクセになる」と好評なのです。船橋などのM性感系のデリヘルでも少ないですが、専門店があり何人もの男を"開発"している女性がいるそうですよ。

人によっては「これぞ究極の快感」と話すこともあるので、ここに記しておきます。ちなみにその人曰く1度出れば「出る感覚」が大体わかり、2度〜3度ほどで自分のものにできるみたいですね。船橋のデリヘルの中には、自在に出せる剛の者もすでに数多くいるそうです。もちろん、同じ女の子を相手にしていたほうが感度もツボも知っているので初めての子よりも玄人の何度も遊びなれた女の子を指名するのが効果的です。

そんな変わりダネで快感を感じるタイプでも初めは戸惑っていたり迷っていた人も少なくないです。今までに味わったことのない想像を絶するほどの体感ができるとなれば、ぜひそのお相手を探したいものです。そうと決まれば、絶対に船橋のデリヘルでお勧めできる店の自慢の女の子に是非ともお願いしたいところ。それが可愛いとなればなおのこと興奮も倍増しますね。

まだまだ未知なる船橋のデリヘル体験は絶世の美女と楽しみたいものです。

-シコ玉考えてみた

Copyright© 千葉・成田のデリヘルでクライマックスのフィニッシュを楽しむ方法 , 2017 AllRights Reserved.